交通事故

警察や地域の取り組みもあり一昔前に比べると交通事故が減ったと言われてはいます。
しかし、ゼロではありません。
特に子供が巻き込まれる事故は見るも無残で。
過失の場合、一概に加害者だけの問題でもありません。
かといって子供に責任はありませんので、親や地域の大人がしっかりと指導しなければいけません。
交通事故を気にするあまりに子供の行動範囲を狭めることも有効ではありませんよね。
そこで子供が巻き込まれる事故の特徴をそこからの対策を考えてみましょう。

交通事故が起きる現場の多くは、自宅付近ということをご存知ですか。
意外にも思われるのですが、「いってきます」・「ただいま」の数分前後が多いのです。
住宅街は細い道が多く曲り角など死角が多いのです。
ここでカーブに失敗する、わき見運転などで衝突するケースです。
子供は背が低く、ドライバーから見えるその範囲に子供の姿が見えづらく右左折時に巻き込まれるということがあります。
スピードをだしていなくても起きてしまう無残な事故です。

そして事故が起きる時間帯の多くは夕方です。
日が暮れる前後、急に暗くなり、視界が狭くなってしまいます。
また、この時間当たりの子供たちの下校時間になりますので、事故が起きやすいのは理解できます。
子供が巻き込まれる交通事故が大人の指導が必要不可欠です。
子供の視界は狭いので、遠くの車まで把握できません。
家の前が一番危ないということを教えてることはまずは必要です。


◎Special Link
交通事故が起きてしまった際に対処法や慰謝料のことなど弁護士に相談出来るサイトです > 交通事故 弁護士

Copyright © 2014 子供の交通事故を考える All Rights Reserved.